« 一血卍傑をプレイしてみました(*・ω・)つ | トップページ | 一血卍傑・育成英傑の陽陰転身覚書(*・ω・)つ◇ »

一血卍傑・刻印|ω・))))

(○´ω`○)ちゃお♪
夏の暑さもやわらぎ仄かに秋の気配を感じる今日この頃、台風などが猛威を奮っておりますが皆さま注意報及び警報など聞き逃しませぬようご注意くださいませ。

さて先日ピックアップしたWebゲーム“一血卍傑”ですが、その後わかってまいりましたことを記しておこうかと思いますφ(・ω・ )

まず刻印と申しますのが英傑であるキャラクターを産み出す際に親となる二人の持つ遺伝子2つからランダムに受け継がれる印のようなもので、この印が装備品の刻印を含め3つ同じ物がそろうと効果を発揮するというボーナス特典のようなものでごじゃりまふ|ω・)b

こちらのゲームでは鶺鴒台という場所で親となる二人が互いに血を分け合うことによって親それぞれの遺伝子を子に残すことができます。
仕組みはメンデルの法則そのままのようです。

現行、一血卍傑つまり親から子を産み出す場合、神代から桜代を産み出すタイプと桜代から双代を産み出す2パターンが用意されているようです。
おおよその特徴といたしましては、桜代は転身(Lv50で陽または陰を選択することをこう呼びます)までのステータスの伸びが良いという場合が多く、双代はLv50までのステータスの伸びが桜代のキャラクターに比べてハンデを負っている場合がほとんどです。
代わりに双代は桜代で厳選された刻印と鍛え抜かれた奥義=スキル技を継承する可能性を秘めております。
奥義につきましては後日また機会をあらためましてアップしてみようかと思っておりますが、今日はタイトルの刻印について書き出しておこうかと思います。

刻印の種類は以下の通りです。


☆刻印の種類と内容☆

※英傑のステータスにはHP=体力、腕力=力、魔力=術、守備=守、退魔=退、俊敏=速度、幸運=クリティカル率のステータスがあり数値化されております。

体・・・体力増強(3個で体力250、6個で500、9個で1000)
力・・・腕力増強(3個で25、6個で50、9個で75)
守・・・守備増強(3個で25、6個で50、9個で75)
速・・・俊敏増強(3個で25、6個で50、9個で75)
退・・・退魔増強(3個で25、6個で50、9個で75)
術・・・魔力増強(3個で25、6個で50、9個で75)
運・・・幸運増強(3個で25、6個で50、9個で75)
属・・・属性攻撃増強(3個で+2、6個で+5、9個で+8)
火・・・火属性増強(3個で+2、6個で+5、9個で+8)
水・・・水属性増強(3個で+2、6個で+5、9個で+8)
木・・・木属性増強(3個で+2、6個で+5、9個で+8)
金・・・金属性増強(3個で+2、6個で+5、9個で+8)
土・・・土属性増強(3個で+2、6個で+5、9個で+8)
陽・・・陽属性増強(3個で+2、6個で+5、9個で+8)
陰・・・火属性増強(3個で+2、6個で+5、9個で+8)
毒・・・毒耐性増強(3個で防毒10%、6個で防毒25%、9個で防毒50%)
暗・・・暗闇耐性増強(3個で防毒10%、6個で防毒25%、9個で防毒50%)
痺・・・麻痺耐性増強(3個で防毒10%、6個で防毒25%、9個で防毒50%)
魅・・・魅力耐性増強(3個で防毒10%、6個で防毒25%、9個で防毒50%)



以上のような効力となっております。

わかりやすいのは力や術など攻撃力に関わるものですが、産み出される英傑が腕力依存型か魔力依存型か知り得ようもなく、まったくのランダムであるため50%の確率にかけ力か術に偏らせた親で一血卍傑を行うか、それとも無難にどちらのタイプにも対応できる力及び術を除いた刻印同士の親で一血卍傑を行うかはその選択はプレイヤー側にゆだねられております。

とはいえ英傑に最初に与えられる刻印は2つだけ
残りの刻印は装備で補わなければなりません
装備は武器と防具と装飾品x2のトータル4カ所であり、4カ所に最大3個の刻印を嵌め込むことができる穴が付いております。
装備品だけで12の刻印を刻むことができるのですが“参”と記された刻印付き穴がトータル3つの装備品の生産は非常に稀でしかも狙った刻印が嵌め込まれている確率は更に下がります
現行では産み分けも刻印の確率を偏らせる機能も備わってはいないようですのでまったくのランダム運に頼るしかありません
将来的に何らかのシステムで産み分けや刻印を狙ったものに傾倒させることを願いつつ、今はひたすら願った英傑が狙った刻印を持って産まれてくれるのを祈ることにします。

とはいえ産み分けに偏りをつけることができないと術術という刻印を持った星詠み二人を鶺鴒台で掛け合わせ魔力攻撃を行うタイプの英傑誕生を願ったところで、鬼や剣士が産まれてしまっては刻印がプラスどころか所持刻印が無駄となり最初から2つの刻印がマイナスとなるスタートをきることになってしまいます。
逆に力力という刻印を持った侍二人を鶺鴒台で掛け合わせ星詠みなどが産まれてしまった日には打ちひしがれるしかありません。
実際、術術という刻印を持つ星詠みで鬼クラスであるガゴゼさん(小桜にとって新英傑)が産まれてしまったときは、
「新しい英傑誕生はうれしい! うれしいけれど・・・術術刻印を持つ前衛物理攻撃キャラって産まれたときからハンデ背負ってるってことですよね(-ω-;)ドウシヨウ・・・」
と途方に暮れてしまったのでした。
以降、神代での一血卍傑では力力や術術ではなく体体が産まれるようヤマトタケルさんとスサノオさんを掛け合わせるようにしております。
「力こぶり体力に自信のあるお二方を掛け合わせればさぞや強いお子が生まれることでしょう(`・ω・´)←前衛が欲しいという小桜の心の叫び」
という小桜の願いむなしく、待望の巫覡や星詠みや楽士という魔力依存型でお生まれになった八傑さまがことごとく力のついた刻印となってしまい号泣状態だったりします・゚・(ノД`;)・゚・ハッケツサマハウレシイノダケド・・・

ここは運命とあきらめて腕力系英傑さまに術刻印を、魔力系英傑さまに力刻印を背負っていただくという自虐的な遊び方もありなのではないかと考え始める今日この頃です(○´゚ω゚`)!

|

« 一血卍傑をプレイしてみました(*・ω・)つ | トップページ | 一血卍傑・育成英傑の陽陰転身覚書(*・ω・)つ◇ »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/458691/67339754

この記事へのトラックバック一覧です: 一血卍傑・刻印|ω・)))):

« 一血卍傑をプレイしてみました(*・ω・)つ | トップページ | 一血卍傑・育成英傑の陽陰転身覚書(*・ω・)つ◇ »